音楽・スポーツの話題を中心に日々の雑感を綴ります
by neroli_bigarad
プロフィール
9月1日生 乙女座 O型 ♂
好きな食べ物:湯豆腐
趣味:音楽鑑賞、アロマセラピー
元巨人 篠塚選手似のやさ男

HP "Vita Cantabile" を開設したのを機にブログも移転しました。今後はそちらで更新いたします。
カテゴリ
全体
本田美奈子さん
ラフマニノフ
クラシック
音楽
フィギュアスケート
野球
サッカー
相撲
日記
雑感
管理者より
最新のトラックバック
秀逸なBGMのセンス
from Giorni Cantabili
ラフマニノフ ヴォカリ..
from にゃんこままの部屋
音楽がドラマの演出効果を..
from にゃんこままの部屋
キム・ユナ ロシア杯を制..
from 多重債務|多重債務を抱えて一..
母の日ギフト
from 母の日ギフト
お気に入りブログ
The Lark Asc...
ナチュラル&スローライフ
ブログ
ぺんぎんさんのひとりごとダイヤリー
"I LOVE MINAKO HONDA" の管理人 ぺんぎんさん

きまぐれ雑記
水香さんのフィギュアスケートメインのブログです

☆モモのエッセイブログ☆
モモさんがスポーツや芸能などを中心に日々思ったことを書いてます

痛快 エブリデイ クラシック
音楽が大好きなにゃお10さん クラシックを中心に楽しんでいます

ひとりごと。
鳥とフィギュアスケートとフランス音楽がお好きなmakiさん

Dotaの(o^_’b ぐっじょぶ
DVD鑑賞、オーディオ、パソコン、カメラスポーツは見るのは大好き!なDotaさん

にゃんこままの部屋
にゃんこままさんがその時々に感じたことを日記風につづります

OKIBARIYASU!
本田美奈子.ナビ・サイトの管理人 REBIRTHさん
リンク
ほんのちょっとクラシック気分
マーラー、チャイコフスキー、ラフマニノフ好き ぶるうらぐうん さんのクラシック紹介サイト


ForeverMinako 美奈子さん永遠に
私達は本田美奈子さんをいつまでも応援し続けます 素敵な歌をありがとう。

I LOVE MINAKO HONDA
天使になった歌姫 本田美奈子.さんを、いつまでも愛する人へ

Springtime is here ! 本田美奈子.ナビ・サイト
美奈子さん情報サイト リンク集が充実しています

minako channel
本田美奈子 オフィシャルサイト

Columbia Music Entertainment
本田美奈子コロムビアサイト
ブログパーツ
ライフログ
検索
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


サイトオープンのお知らせ
このたび新たにホームページを開設いたしました。といってもこれまでブログに書きためた記事のうち時間が経過しても読んでいただける価値のありそうなものをまとめただけですが、これから充実させていきたいと思っています。

Vita Cantabile

それに合わせてブログも移転し、HNも"sergei"と改めることにしました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

謝辞:
これまで無料でブログを利用させて下さいました Excite 様にお礼申し上げます。ありがとうございました。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-07-01 04:44 | 管理者より
予告: サイト開設とブログ移転について
いつも当ブログをご覧下さいましてありがとうございます。

実は現在ホームページ開設の準備を進めていて、ブログもそれに合わせて移転するつもりでいます。一応来月一日オープンの予定でいます。その際はここで告知させていただきます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-06-29 23:01 | 管理者より
ジーコJAPAN ブラジルに惨敗
わずかな望みを托して応援したブラジル戦は1ー4の惨敗…。世界一の攻撃力を誇る相手に守りの要宮本を欠きながら点を取りにいかなければならない、という状況で迎えてしまった以上、この結果は致し方のないところだったといえるだろう。4失点はあまりに惨めだが、この試合の結果を悔やむよりも、ブラジル戦を引き分けでもいいという状況で迎えるには初戦のオーストラリア戦が大事だったにもかかわらずそこでつまずいてしまった、ということが問題だったのだと思う。

3試合を通して悔やまれるのは中村の状態が万全でなかったこと。初戦でラッキーなゴールを生んだほかはほとんど決定機を作り出せず、後半になると全く動けなくなってしまっていた。どうも足に故障を抱えていたばかりでなく風邪による発熱もあったらしい。このチームの攻撃は彼の創造性に依存するところが大きかっただけに、彼の不調は実に残念でならない。
もう一つ気にかかったのはやはりジーコの選手交代だった。3試合ともに不可解な選手交代にはフラストレーションがたまってしまった。初戦の柳沢→小野も疑問に感じたが、今度のブラジル戦の小笠原→中田浩二には応援する気持ちが切れそうになった。なぜ点を取りにいかなければならない場面で攻撃参加がほとんど期待できない守備的選手を投入しなければならないのかは全く理解できない。状態の万全でない中村を3試合ともフル出場させたのも疑問に思う。いかに中村が才能溢れる選手でこのチームに欠かせない存在だとしても、コンディションが悪くて十分に力を発揮できていないと判断したら下げる決断も必要だったのではないか。

いずれにしても今回の結果はこれが今の実力として謙虚に受け止めないといけない。ジーコが若手の登用に積極的でなかったこともあり次の世代が十分な経験を積んでいないなど不安な材料も多いが、この悔しさを更なる強化へとつなげて欲しい。ジーコならびに選手達には「お疲れ様」といいたいと思う。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-06-23 19:05 | サッカー
ジーコJAPAN クロアチアと引き分け
勝たなければならない試合だったけど結果はスコアレスドロー。これでブラジル戦に勝たない限り決勝進出の可能性はなくなった。厳しい結果にはなったけどこれが今の日本の実力なのだと思う。強豪クロアチアと引き分けたのはよくやったとも言えるだろう。8年前のフランス大会は同じ相手に敗れている。あの時は負けるべくして負けたという内容だったから、今回は勝てる可能性もあったと思わせてくれただけ強くなったのだと思う。勝点1はこの8年の進歩を示す数字といっていいと思う。
前回は開催国特権でシードされていたこともあって決勝トーナメント進出を果たしたので、今回も予選リーグ突破の希望が強かった分落胆も大きいが、何事も急に進歩はしないものと結果を冷静に受け止めないといけないと思う。日本のサッカーは国民的な関心を集めるようになってからまだまだ歴史が浅いので、これから歴史をつくっていかなければならない、そういう時期といっていいだろう。
もちろんブラジル戦も勝てないと決めつける理由は何もない。可能性がある限りは最後まであきらめずに精一杯戦って欲しい。ファンも信じて応援しなければいけない。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-06-19 01:00 | サッカー
父を思う娘の歌
今日は父の日。ということで、私には娘の立場で父への思いを歌った歌でとくに好きなものが三つあるので、そのお話。

プッチーニ 「わたしのお父さん」
一つ目はプッチーニのオペラ「ジャンニ・スキッキ」の中のアリア「わたしのお父さん」。プッチーニが残したアリアの中でもとりわけ美しい旋律が印象的なこの曲は世界中の音楽ファンに広く愛されている。私もこの曲はとても好きで、イタリア語がわからないのに原語の歌詞を覚えてしまったほど。恋人との仲を認めて欲しいと切々と訴えるラウレッタの可憐な歌唱には父親のジャンニ・スキッキならずともほろりとさせられてしまう。

パパ
作詞:中山加奈子/作曲:奥居香
二つ目はプリンセス・プリンセスの「パパ」。中山加奈子さんのまっすぐな詞と、当時の日本のポップス界を代表するメロディーメーカーだった奥居香さんの切なくもやさしい旋律が胸を打つ名曲である。このサイトは本田美奈子さんのファンも多く見て下さっていると思うのであまり大きな声では言えないが、美奈子さんのワイルドキャッツ時代には私はプリンセス・プリンセスのファンだった。特に中山加奈子さんは私に言葉の力というものを教えてくれた恩人である。この歌も「好きな人がいるの」と打ち明ける女性のひたむきな心を描いた歌詞に惹かれて好きになった。

T'en va pas (邦題「哀しみのアダージョ 〜彼と彼女のソネット〜」)
作詞:R. Wargnier, C. Cohen/作曲:R. Musumarra
最後はフランスの女性歌手エルザのデビュー曲「T'en va pas("タン・ヴァ・パ"と発音する)」。彼女はレジス・ヴァルニエ監督、ジェーン・バーキン主演の映画「La femme de ma vie(邦題『悲しみのヴァイオリン』)」に出演した際、監督の薦めで映画のテーマ曲としてこの歌を歌ったという。
「T'en va pas」とは「いかないで」という意味で、この歌は上記二曲とは異なり「パパいかないで、ママを愛してるならいかないで」という趣向の曲。録音当時13歳のエルザのいたいけな歌声と哀愁を帯びた旋律が心の奧の琴線を無遠慮に妖しく掻き鳴らす名曲である。

大抵の男性にとって父親とは乗り越えなければならない壁のような存在でもあると思うのだけど、こうした曲を思い浮かべると女性の場合は違った感情を抱くものなのかな、という感じがする。私には娘が(というより子供自体が)いないので想像するしかないのだが、娘からこんな声を聴かされたら父親とはどんな思いをするものなのだろう。特に最後の「T'en va pas」、男とはこんな歌を聴かされても、それでもどこかへ行ってしまうことができる生き物なのだろうか。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-06-18 17:18 | 音楽
ワールドカップ 日本初戦続報
日本のワールドカップ初戦についていくつか事後的な話題が入って来ている。当初主審を務めたアブドルファタハ氏がオーストラリア選手に「日本のゴールは誤審だった」と認めたと伝えられたが、14日付のエジプト紙アルアハラムのインタビューで「日本のゴールは正当だった」と語り、豪州の選手に対し、日本のゴールは誤審だったと謝罪した」とする一部の報道を否定したという。
一方この件とは別に、FIFAの広報が1ー1の同点の場面での駒野へのケーヒルのタックルは明らかにPKに値するプレーだったと指摘し、誤審だったとの見解を示した。このことが原因で同氏は第4審判に降格されることが決まったようだ。
なぜ大会の開催中にこのような話がぽろぽろとこぼれてくるのか、少し腑に落ちない気がする。スポーツというものは原則として現場で審判が下した決定を最終的なものとして受け入れるべきではないのだろうか。件の主審はもし中村のゴール認定は誤りだったと思っているとしても、それは決して口に出すことなく墓場まで携えていくべきだし、FIFAも開催中のこの時期に誤審の見解を公式発表するのは控えるべきだと思う。日本のサッカーファンが天国と地獄を短時間のうちに味わった試合は、思いがけない形で注目を浴びることとなってしまったようだ。

肝腎の試合内容だが、朝日新聞朝刊には前監督のトルシエの解説が載っていて興味深く読んだ。やはり日本代表は80分はいい内容だったが、柳沢→小野の選手交代がチームのバランスを悪くさせたとの見解だった。今日の夕刊には小野のインタビューが載っているのだが、これは少しショックな内容で、それによると小野自身がこの交代の意図を理解できず戸惑っていたようだ。彼はボランチの中田に前線に上がるよう指示し、自らがボランチの位置に入ったのだが、ジーコは彼をそのまま前線に入れるつもりだったという。もしこの話が本当なら、交代選手に意図を正確に伝えられなかったジーコは監督として明らかなミスを犯したといっていいだろう。
このことを短絡的に逆転を許した原因に結びつけていいかどうかは別にしても、やはり選手交代がこの試合の重要なポイントだったことは間違いないようだ。

しかしミスはミスとして指摘するにしても、まだ後2試合は戦えるのだから、ジーコや選手たちに熱い声援を届けたいものだ。sasha_2006さんとこのことを話していて、千葉ロッテマリーンズのファンのことを思い出した。昨年は日本一に輝き、今年も交流戦2連覇を成し遂げようとするマリーンズだが、数年前にはは19(だったかな?)連敗という不振にあえいだことがあった。しかしマリーンズのファンはその間も変わることなくひたすら「おれたちがついてるぜ」と歌い続け、日本一のファンと讃えられたのだった。彼らの存在なくしては現在のマリーンズの隆盛はなかっただろう。
私たちの思いがドイツに届くと信じてクロアチア戦を見守りたいと思う。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-06-16 00:14 | サッカー
ジーコJAPAN 初戦は逆転負け
ワールドカップ初戦、日本はまさかの逆転負け。後半30分過ぎまでは完璧な試合運びだった。どうしてあの状態から3失点もしたのか、実に不思議だ。
先制点は相手GKの判断ミスからだった。柳沢と接触しているのでヒディンク監督やオーストラリアサポーターはファウルではないかと抗議の意志を示していたが、実際ファウルをとられる可能性もあったプレーだと思う。ただ、中村のセンタリングにGKが目測を過り、戻って来ようとしたところで柳沢と衝突したのでレフェリーは反則をとらなかったのではないかと思う。
後半になるとオーストラリア選手は一様に動きが落ち、得点の気配は全く感じられなかった。これほど優位に試合を運びながら勝点を取れなかったというのは実にもったいないことだ。

あれから少し時間が経ったので、冷静に逆転を許した原因を振り返ってみると、いくつかの点が思い浮かぶ。まずすぐに考えつくのは優位に試合を運びながら追加点が取れなかったことだが、サッカーの場合は優位だからといって簡単にゴールが奪える競技ではないのはわかりきったことなので、これは言っても仕方がないだろう。今私が一番気にかかっているのは選手交代の問題だ。
ジーコ監督は後半に柳沢に代えて小野を投入したが、結果論になるがこの時少しいやな予感がしたのだ。今年始めのアメリカ戦で1トップの陣形を試したが、この試合の内容が非常に悪かったのを覚えていたからだ。日本はフォワードの決定力に難がある一方で、中盤には才能ある選手がそろっているので、1トップの布陣は合いそうな気がしたのだが実際やってみると最悪の内容だった。選手達は懸命にプレーしているにもかかわらず、それがチームとして全く機能していなかった。この時の教訓を活かせなかったのが敗因の一つかも知れない。
もう一つは選手選考の段階から不安を感じていたのだが、今回の代表には前回大会の時の戸田や明神のような役回りの選手が入っていないことだ。ジーコは選手に高いレベルの判断力を要求する一方で、運動量や執拗なマーク、激しいタックルなどを持ち味とする選手はほとんど起用してこなかった。しかしリードした状況で確実に勝点を手に入れるためにはこういう「汚れ役」というか「汗かき役」のような選手も必要になるのではないだろうか。

今これを書きながらこの状況は97年のフランス大会のアジア予選の東京での韓国戦と似ているな、と思い出した。あの試合も山口が芸術的なループシュートを決めて先制しながら、フォワードのロペスに代えて秋田を投入して逃げ切りをはかったが却ってチームのバランスが悪くなり逆転を許してしまったのだった。リードしたからフォワードを削って守りに入るという選択が、実は非常にリスクを伴う戦術なのだということを思い知らされた試合だった。
あの時は非常に苦しんだが加茂監督の更迭というショック療法などを経て何とかワールドカップ初出場という目的を果たした。今度は残り2試合でブラジルを相手に勝ちにいかなければならないという苦境に立たされたが、これまでも瀬戸際に追い込まれたところから底力を発揮して切り抜けてきた経験があるので、最後まで諦めずに悔いのない戦いをして欲しい。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-06-13 01:04 | サッカー
ランナー塁を踏み忘れホームランが取り消しに
11日行われたマリーンズ対ジャイアンツ戦で、ジャイアンツのイ・ジャンヨプが2ランホームランを放った際、ランナーの小関がサードベースを踏み忘れてホームランを取り消されるという椿事があった
ランナーが塁を踏み忘れてアウトになったのはプロ野球史上始めてのことだという。ランナーアウトの時点で3アウトチェンジになるために、イのホームランも取り消されシングルヒットと記録されてしまった(細かいルールがよくわからないのだけど、3アウトにならなければ打者走者の生還とホームランの記録は認められるのだと思う)。
ワールドカップの興奮に気をとられていたわけではあるまいが、プロとして恥ずかしいプレーだった。連敗阻止に燃えるチームのムードに水をさし、主砲イのホームランもフイにしてしまった。めずらしいものを見せてもらったととることもできるかも知れないが、こういうのは今後はなしにしてもらいたいものだ。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-06-12 00:28 | 野球
ワールドカップ開幕戦 バラック欠場
いよいよ始まったワールドカップ。開幕戦は点の取り合いになり面白いゲームだったが、楽しみにしていたバラックのプレーが見られなくて残念。
全開大会の際、前評判の高くなかったドイツが決勝進出を果たしたのはMVPのカーンの活躍はもちろんだが、フィールドプレーヤーではバラックの攻守にわたる活躍が大きかった。決勝戦は累積警告のために出場できなかったが、もし彼が出ていれば違った結果になったかも知れないと考えるファンも少なくないだろう。
あれから順調に実績を積んで「皇帝」の名をほしいままにし、今や世界を代表するミッドフィールダーの一人に数えられるまでになった。今大会ではドイツの、というより大会きっての注目選手。そのプレーが開幕戦で見られなかったのは実に惜しまれる。怪我を治して万全の状態でのプレーをぜひ見せて欲しいものだ。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-06-10 21:40 | サッカー
ラフマニノフ「ヴォカリーズ」
ヴォカリーズ
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ/編曲:井上鑑
アルバム「AVE MARIA」COCQ-83633(2003.5.21)に収録。

本田美奈子さんは2003年5月にアルバム「AVE MARIA」を発売し、ソプラノヴォイスによる歌唱で新たな表現の開拓に乗り出した。作詞家岩谷時子さん、サウンドクリエイター井上鑑氏の協力を得て新たなジャンルへの挑戦を始めた美奈子さんの歌声からは、歌う喜びと自らの表現をさらに広げようという強い意欲が感じられる。
アルバムをプロデュースした岡野博行氏によるとアルバム製作の基本的な考え方は、「歴史的な背景にはあまり囚われず、しかし奇を衒うのではなく、現代に生きる私たちの感性で素直に楽曲の素晴らしさに向き合うこと」だったという。

彼女が新たな挑戦の場に選んだこうしたジャンルは通例「クラシカル・クロスオーヴァー」と呼ばれることが多い。この領域に属するものとしてはアルバム2枚強の録音が残されているが、その中でも最も本来のクラシックに近い姿をとっているのがラフマニノフの「ヴォカリーズ」だろう。この曲について詳しいことは別にエントリーを立ててみたのでそちらを参照して欲しい。
伴奏こそ管楽器主体の合奏に編曲されているもののソプラノパートは原曲の通り、新たに詞がつけられることもなく原曲の指定通り歌詞なしのヴォカリーズで歌われている。後半の反復が省略されているが、作曲家自身の編曲・指揮によるオーケストラ版の録音でもやはり省略されているのでオーソライズされたカットとみなすことができるだろう。演奏時間は3分48秒で、上記のラフマニノフ自身によるものが3分51秒だからほぼ同じ。テンポ設定もオリジナルに忠実になっている。
いしがきさんのホームページに寄せられたpumpkinさんの解説によると、美奈子さんは岡野氏と出会う以前から「ヴォカリーズ」を含めたクラシックの曲を歌っていたという。その意味ではこの曲は「ソプラノ歌手本田美奈子」としての原点ともいえる作品なのだろう。
岡野氏のホームページのアルバムジャケット撮影レポートには収録予定曲が12曲紹介されているのだが、実際発売されたものはこの中から「天国への階段」が抜け、オープニングの「流声」と「ヴォカリーズ」、「タイスの瞑想曲」が加わっている。「ヴォカリーズ」が当初予定されていなかったということはあるいはもっと歌い込んで満を持してから録音してリリースしたいという意図があったのだろうか。「天国への階段」が外されたのが「他の曲と微妙に雰囲気が違ったため」と説明されているので、逆に考えると「ヴォカリーズ」が加えられたのは他の曲とのバランスがよかったから、ということなのかも知れない。

この曲は器楽曲としては技巧的に比較的やさしく、それだけに演奏家自身の音楽性がストレートに表れる曲といえると思う。私にはこの曲をどんな風に聴かせてくれるかによって演奏家の品定めをしているようなところがある。
しかしオリジナルの声楽曲としては決してやさしい曲ではない。この技巧と音楽性とをともに要求される曲を、美奈子さんはいつものことながら全力で正面から立ち向かって歌っている。作品の真髄に肉迫しようとする強い意志の感じられる歌唱である。ヒップホップ全盛の時代にあってもひたすらのびやかなカンタービレを貫き通した美奈子さんの真骨頂を聴く思いがする。
ライナーノートの岡野氏の解説によると、美奈子さんの歌唱はテイクによって驚くほど様々な表情が生まれたという。前述のpumpkinさんの解説にも、ミュージカルでの演技がいつも違っていたことが指摘されている。彼女がいかにその場の雰囲気や自己の感興を大切にした表現者であったかを物語るエピソードといえそうだ。
なおこの岡野氏の説明を裏から読むと、アルバムに収録されたもののほかにもリリースするに足る水準のこの曲のテイクが存在する、ともとれる。もしそうなら今後何らかの機会を見つけてリリースして欲しいものだ。とくにコーダでは昇りつめた後に下降してくるところでややアクセントの置き方やルバートのかけ方に特徴のある歌い回しになっており、こうした部分が美奈子さん固有の解釈なのか、このテイクにだけ生じたニュアンスなのかといったところに興味がある。
いずれにしても私にとっても思い入れのあるこの曲を美奈子さんが愛唱してくれたことは実にうれしい。これからも大切に聴いていきたい録音である。

追記(6月9日):
美奈子さんは2000年3月20日、東京国際フォーラムにおけるサリン事件チャリティーコンサート「私たちはあなたを忘れません」で「ヴォカリーズ」を歌ったという。pumpkinさんにご教示いただいた。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-06-06 21:08 | 本田美奈子さん