音楽・スポーツの話題を中心に日々の雑感を綴ります
by neroli_bigarad
プロフィール
9月1日生 乙女座 O型 ♂
好きな食べ物:湯豆腐
趣味:音楽鑑賞、アロマセラピー
元巨人 篠塚選手似のやさ男

HP "Vita Cantabile" を開設したのを機にブログも移転しました。今後はそちらで更新いたします。
カテゴリ
全体
本田美奈子さん
ラフマニノフ
クラシック
音楽
フィギュアスケート
野球
サッカー
相撲
日記
雑感
管理者より
最新のトラックバック
秀逸なBGMのセンス
from Giorni Cantabili
ラフマニノフ ヴォカリ..
from にゃんこままの部屋
音楽がドラマの演出効果を..
from にゃんこままの部屋
キム・ユナ ロシア杯を制..
from 多重債務|多重債務を抱えて一..
母の日ギフト
from 母の日ギフト
お気に入りブログ
The Lark Asc...
ナチュラル&スローライフ
ブログ
ぺんぎんさんのひとりごとダイヤリー
"I LOVE MINAKO HONDA" の管理人 ぺんぎんさん

きまぐれ雑記
水香さんのフィギュアスケートメインのブログです

☆モモのエッセイブログ☆
モモさんがスポーツや芸能などを中心に日々思ったことを書いてます

痛快 エブリデイ クラシック
音楽が大好きなにゃお10さん クラシックを中心に楽しんでいます

ひとりごと。
鳥とフィギュアスケートとフランス音楽がお好きなmakiさん

Dotaの(o^_’b ぐっじょぶ
DVD鑑賞、オーディオ、パソコン、カメラスポーツは見るのは大好き!なDotaさん

にゃんこままの部屋
にゃんこままさんがその時々に感じたことを日記風につづります

OKIBARIYASU!
本田美奈子.ナビ・サイトの管理人 REBIRTHさん
リンク
ほんのちょっとクラシック気分
マーラー、チャイコフスキー、ラフマニノフ好き ぶるうらぐうん さんのクラシック紹介サイト


ForeverMinako 美奈子さん永遠に
私達は本田美奈子さんをいつまでも応援し続けます 素敵な歌をありがとう。

I LOVE MINAKO HONDA
天使になった歌姫 本田美奈子.さんを、いつまでも愛する人へ

Springtime is here ! 本田美奈子.ナビ・サイト
美奈子さん情報サイト リンク集が充実しています

minako channel
本田美奈子 オフィシャルサイト

Columbia Music Entertainment
本田美奈子コロムビアサイト
ブログパーツ
ライフログ
検索
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:日記( 2 )
朝霞巡礼
今日は衆院補選の投票日。昨日まで連日大物政治家が近所にやってきていたが、候補者の名前も知らなかった。一応棄権はしたくないので公報を引っ張り出して目を通してから投票所へ足を運ぶ。これで言いたいことを言う資格は確保できたわけだ。

世俗の雑事を済ませるとその足で朝霞へ向かった。電車が朝霞市内に近付くとなにやら身が引き締まってくる。駅を降りるとありふれた郊外の町に過ぎないのだが、あの人が愛した町だと思うとそれだけで神聖な場所に思えてくる。
会場へは事前の予習のお蔭で迷わずにたどり着けた。立派なホールの周りは人でこったがえしているかと思いきや、意外に落ち着いた雰囲気だった。しかし中へ入ると係の人が「フィルムコンサートには整理券がないと入場できません」とアナウンスしていて、一瞬もっと早く来なければ入れなかったのかとパニックを起こしかけた。問い合わせると次の回の分はこれから配るということが判明して一安心。衣装などの展示品を一通り見た後、新アルバム「心を込めて…」を購入した。すでに20日に発売されていたのだがなんとなくこの場で買いたくて今日まで待っていたのだ。期待していなかったのにポスターを付けてくれたのはラッキーだった。

荘重な気分になりながらホールに入場すると、中央の比較的前の方の席を確保。岡野博行氏の挨拶の後、いよいよ上映開始。
渾心の歌唱が胸に突き刺さり、聴いていてつらくなりいたたまれない思いにさせられるような、しかしかけがえのない45分間だった。

終わった後もしばらく展示品を眺めていることもできたのだけど、外の空気が吸いたくなって会場を出てしまった。朝霞の町を歩く感慨をかみしめながら駅にたどり着いた。

詳しい感想はまた後ほどということにして、今日は歌声を聴きながらふと思いついたプーシキンの詩の一節を引用して終わりにしようと思う。

歌うなかれ、美しい女よ
おまえの悲しげなグルジアの歌は
私にこの世ならぬ人生と
遠い岸辺を思い起こさせる

[PR]
by neroli_bigarad | 2006-04-23 23:02 | 日記
桜吹雪を浴びながら
今日は関東地方は大荒れの天気と聞いていたが、午後になると晴れ間が広がったので近くのお寺まで散策に出かけてみた。少し強めの風にあおられて桜の花びらが舞うのを眺めながら春の風情を楽しんだ。
桜吹雪を肩に浴び、花びらの絨毯を踏みしめながら心の中に流れ出したのはラフマニノフの交響曲第2番第3楽章。少しの哀しみと静かな喜びの入り交じった甘い旋律はこんな時にいつも思い浮かぶ。
染井吉野が散りつつある一方、やや濃い目のピンクの八重桜は今が正に花盛り。カメラを持ってこなかったのを半分後悔しながら心に焼き付けた。
楓の新緑が目を驚かせ、山吹が桜から主役の座を奪い取るべく野心を燃やしているのを確認して帰途に着いた。
静かに賑わう春の一日だった。
[PR]
by neroli_bigarad | 2006-04-08 19:11 | 日記