音楽・スポーツの話題を中心に日々の雑感を綴ります
by neroli_bigarad
プロフィール
9月1日生 乙女座 O型 ♂
好きな食べ物:湯豆腐
趣味:音楽鑑賞、アロマセラピー
元巨人 篠塚選手似のやさ男

HP "Vita Cantabile" を開設したのを機にブログも移転しました。今後はそちらで更新いたします。
カテゴリ
全体
本田美奈子さん
ラフマニノフ
クラシック
音楽
フィギュアスケート
野球
サッカー
相撲
日記
雑感
管理者より
最新のトラックバック
秀逸なBGMのセンス
from Giorni Cantabili
ラフマニノフ ヴォカリ..
from にゃんこままの部屋
音楽がドラマの演出効果を..
from にゃんこままの部屋
キム・ユナ ロシア杯を制..
from 多重債務|多重債務を抱えて一..
母の日ギフト
from 母の日ギフト
お気に入りブログ
The Lark Asc...
ナチュラル&スローライフ
ブログ
ぺんぎんさんのひとりごとダイヤリー
"I LOVE MINAKO HONDA" の管理人 ぺんぎんさん

きまぐれ雑記
水香さんのフィギュアスケートメインのブログです

☆モモのエッセイブログ☆
モモさんがスポーツや芸能などを中心に日々思ったことを書いてます

痛快 エブリデイ クラシック
音楽が大好きなにゃお10さん クラシックを中心に楽しんでいます

ひとりごと。
鳥とフィギュアスケートとフランス音楽がお好きなmakiさん

Dotaの(o^_’b ぐっじょぶ
DVD鑑賞、オーディオ、パソコン、カメラスポーツは見るのは大好き!なDotaさん

にゃんこままの部屋
にゃんこままさんがその時々に感じたことを日記風につづります

OKIBARIYASU!
本田美奈子.ナビ・サイトの管理人 REBIRTHさん
リンク
ほんのちょっとクラシック気分
マーラー、チャイコフスキー、ラフマニノフ好き ぶるうらぐうん さんのクラシック紹介サイト


ForeverMinako 美奈子さん永遠に
私達は本田美奈子さんをいつまでも応援し続けます 素敵な歌をありがとう。

I LOVE MINAKO HONDA
天使になった歌姫 本田美奈子.さんを、いつまでも愛する人へ

Springtime is here ! 本田美奈子.ナビ・サイト
美奈子さん情報サイト リンク集が充実しています

minako channel
本田美奈子 オフィシャルサイト

Columbia Music Entertainment
本田美奈子コロムビアサイト
ブログパーツ
ライフログ
検索
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
国体も話題豊富
浅田舞さんが冬季国体のフィギュアスケート少年女子の部でショートプログラム首位に立った。四大陸選手権で6位に入ったのが28日(日本時間29日)のことだから、ほぼ中1日での試合ということになる。よくそんなことが可能なものだ。試合の疲れだけでなく移動の疲れ、時差、標高などコンディションの違いなど、数々の障害をものともせずに乗り切るタフさに敬服してしまう。若いからこんなことができてしまうのだろうか。

なお、成年女子の部で2位に入った村主千香さんはあの村主章枝さんの妹さんだそうだ。やはり姉ゆずりの繊細で心のこもった演技をするのだろうか。一度見てみたいね。
ゆりまさんによる素敵な写真を発見した。

追記(2月1日):
国体少年女子はFSの結果、浅田舞さんが優勝した。おめでとう〜!! パチパチパチ

ゆりまさんによると、村主千香さんは「大柄な演技がおねえさんとは違う魅力」とのこと。姉妹でも持ち味が違うらしい。

追記(2月2日):
浅田舞さんについての詳しい解説を発見。
[PR]
by neroli_bigarad | 2006-01-31 23:41 | フィギュアスケート
四大陸選手権
一日遅れだが、昨日見た四大陸選手権の感想を少し。

織田選手はトリプルアクセルで転倒と聞いていたが、実際見てみるとジャンプが完全にすっぽぬけてハーフアクセルになってしまい、横倒しになって着氷したままフェンスに激突という、珍しいアクシデントだった。その後しばらく演技ができない状態が続き、散々の内容だった。それ以外の部分はまずまず持ち味が出ていて、二度目のトリプルアクセルは見事成功させていたのだが、あの演技で優勝というのは素直に称賛できるものではなく、本人も全く納得していなかった。ほかの選手の演技もあまりぱっとしなかったからなのだが、男子シングルに関する限りでは大会自体が失敗だったといってもいいだろう。コロラドの標高の高さも原因なのだろうか。

中野さんのトリプルアクセルはうまく決まったように見えたのだが、スロー再生で見ると確かに回転不足で降りているのがわかった。あれが決まっていれば逆転優勝だったのだろう。
ところで前から気になっていたのだが、「日々のひとりごと」というブログでも指摘されているように、中野さんのジャンプの時の左足の使い方には独特の癖がある。回転する時に左足の膝を曲げてブレードを外側に向けているのだ。この記事では主に見映えについて解説されているが、それだけでなくブレードを回転軸から外側に離れた位置に置くのは回転速度を遅くする効果がある。もしかすると中野さんは回転が速くなり過ぎることに無意識に恐怖を感じてそのようにしているのではないだろうか。あの跳び方でもルッツやフリップを余裕を持って降りているということは、あの癖を直せばトウ・ループやサルコーなら四回転も跳べるのではないだろうか。潜在能力の高さを感じさせる。

以前荒川さんのエキシビションの曲について少し書いたが、Alexさんのブログ「EVERGREEN」に詳しい解説があるのを発見した。
[PR]
by neroli_bigarad | 2006-01-31 00:49 | フィギュアスケート
クワン 最終審査に合格
条件付きでトリノオリンピックフィギュアスケート米代表に内定していたミシェル・クワンが27日最終審査に合格し、出場が正式に決定した。
怪我のために今シーズンほとんど試合に出場できていなかったとはいえ、実力はまだまだエミリー・ヒューズには負けないだろう。特例での出場には賛否両論あるだろうが、出ると決まったからにはエミリーの分まで力を発揮して欲しい。
これまで決してミスをしない正確な技術と、繊細で優美な表現力でフィギュアスケートの頂点を極めてきたクワン。そんな彼女が唯一手にしていないのがオリンピックの金メダル。しかし、最終審査での演技の内容がどのようなものだったのかはわからないが、今回も金メダルは厳しいだろう。いや、今回ばかりはメダル獲得もかなり難しいと思われる。ほかのトップ選手たちが新ルールに対応してできるだけ多くの得点を得られるようなプログラム作りに精魂をかたむけているというのに、彼女はまず自分のコンディションを試合ができる状態にもっていくことから始めなければならないのだから。
十分な実力があるからといって勝てるとは限らないオリンピックの厳しさを思わざるを得ない。彼女にとって悲願の金メダル獲得は夢に終わってしまうのだろうか。しかしそれでもやはりクワンの演技は楽しみだ。多くの経験を積んだ彼女ならではの表現を見せてくれるはずだ。
[PR]
by neroli_bigarad | 2006-01-28 14:15 | フィギュアスケート
GPLv3に寄せて
先週16日、FSF(Free Software Foundation)は「GNU GPL」(GNU一般公衆利用許諾契約書)の新しいバージョンの草案を発表した(記事)。GPLの改訂は1991年発表のヴァージョン2以来のことになる。ヴァージョン3の主要な改訂のポイントは、GPLが適用されたプログラムをDRM(ディジタル著作権管理)に利用することを禁止することと、特許権を制限することにあるようだ。
私は法律にもソフトウェア開発にも不案内で詳しいことはわからないのだが、音楽ファンとしてDRMには関心を払わないわけにはいかないだろう。一時普及が進むかに見えたCCCD(Copy Control CD)はどうやら各レコード会社が撤退し、標準となるには至らない模様だが、実に結構なことだ。この技術は通常の音楽CDのフォーマットにエラーを混入させるもので、CDプレーヤーでの再生が保証されていない。再生できたとしても(普通の人の聴覚で感知できるかはともかく)音質の劣化をもたらし、再生装置に損傷を与える可能性もあるというとんでもない代物だった。
海外では昨年米ソニーBMGが、PCのCDドライブに挿入するとルートキットと呼ばれる技術を用いたプログラムをインストールする音楽CDを発売して話題になった(記事)。このルートキットというのはコンピュータウィルスに利用されることのある技術で、コンピュータを他のウィルスからの攻撃に対しても脆弱な状態にしてしまうのだという。

そもそも近年こうした騒動が絶えないのは、ディジタル技術の発達に伴って著作権の概念が大きく変質してきたことに起因する。著作権とは著作物に対する権利のことだが、もともと英語のcopyrightとはコピー(複製)に対する権利のことであり、ディジタル時代になって複製の意味が全く違ったものになってしまったのである。
例えばモナリザの絵を模写する場合、優れたものを作るにはそれなりの技量が必要になるし、どれほど精巧に作られたとしてもオリジナルと同じ価値には決してならない。しかしディジタルデータとして記録された著作物の場合、オリジナルと全く同じものが容易に、しかも大量に製作できてしまうのだ。そのためにディジタルコンテンツの配給会社は何とかこれを保護しようとして様々な策を弄するのだが、結果として利用者の喜びを奪うものとなっている。
近年、本田美奈子さんや平原綾香さんがホルスト(1874ー1934)の「ジュピター」に詞をつけて歌い話題となったが、背景にはホルスト作品の著作権の有効期間が過ぎてこうしたアレンジがしやすくなったという事情があるようだ。権利を過剰に保護するよりも貴重な遺産を広く共有できた方が、今は亡き作曲家にとっても、現代のミュージシャンにとっても幸福なことだと思うのだが。
[PR]
by neroli_bigarad | 2006-01-27 01:37 | 雑感
みかんの花咲く丘
すでに周知のことと思うが、歌手の川田正子さんが22日夜、ひっそりと世を去った(記事)。私はもちろんその活躍をリアルタイムでは知らないが、「みかんの花咲く丘」はとても好きな歌だ。太陽と海、そしてみかんの花の香りが思い浮かび、明るい希望を感じさせてくれる、そんな歌だと思う。3番の歌詞からは母への思慕も伝わって来る。あるいはこの母は今は亡き人なのだろうか。ネット検索で調べた限りではわからなかった。

実はこのブログを立ち上げる時、タイトルを「みかんの花咲く丘」としようかとも考えていた。ほとんどの人は何のことかわからないだろうからやめておいたのだが(私と同じHNの方のブログに解説記事がある)、それから半月ほどのうちにゆかりの方が亡くなろうとは思ってもいなかった。ご冥福をお祈りしたい。
[PR]
by neroli_bigarad | 2006-01-25 23:53 | 音楽
トゥーランドット
荒川静香さんがフリープログラムの曲をトゥーランドットに変更した(記事)。2004年ドルトムントでの世界選手権で優勝した時の曲で、得意技のイナバウアーも取り入れるようだ。NHKのニュースでは以前朝日新聞のコラムでも言及していたようにショートプログラムの曲も手直しすると伝えていた。
荒川さんはトゥーランドットにしても昨シーズンのショートプログラムの蝶々夫人にしてもプッチーニ作品は実に伸びやかに気持ちよさそうに滑っており、オリンピック本番に向けていい決断をしたと思う。昨年末にコーチを変えたことも、今になって曲を変更したことも、あまり残された時間の少ない中で勇気のいることだったと思うが、おそらく最後になるであろうオリンピックで悔いのない演技をしたいという彼女の並々ならぬ決意が窺い知れる。
しばらく点数の伸び悩んだ試合が続いてきたが、これでますます本番が楽しみになってきた。荒川さんがお気に入りの曲にのって思い通りの演技をすれば、ジャッジをも観衆をも魅了する素晴らしい作品になるに違いない。
[PR]
by neroli_bigarad | 2006-01-25 00:03 | フィギュアスケート
新生佐渡ヶ嶽部屋
久々に盛り上がった大相撲本場所の余韻がさめないうちに、もうひとつ相撲の話題を書いておきたい。

結果的に優勝争いからは脱落したとはいえ、今場所最も注目された存在は新大関琴欧州だった。彼の所属する佐渡ヶ嶽部屋は先場所から今場所にかけて、先代佐渡ヶ嶽親方の定年退職、琴の若の引退・佐渡ヶ嶽襲名、琴欧州の大関昇進と大きな節目を迎え、大相撲の話題の中心となっていた。琴錦(現竹縄親方)のスピード相撲に惚れ込んで以来佐渡ヶ嶽ファンになった私としては嬉しい限りであった。
鬼瓦のような顔つきで厳しく弟子達を指導した先代から、角界を代表する美男で優しい性格の新佐渡ヶ嶽親方に代がかわって。部屋の雰囲気がどうなっていくのか楽しみだ。新師匠は先代の厳しい指導を受け継いでいくと語っているが、どうなることやら。
琴欧州は今場所はめざましい活躍とまではいかなかったが、今後がますます注目される。彼の取り口は、上背があり手足が長い体型をいかしているという点で貴ノ浪(現音羽山親方)に比較的近いが、いくつか相異点がある。貴ノ浪が外四つの体勢を好んだのに対し琴欧州は右指しの意識が強いこと、貴ノ浪は相手を上に持ち上げようとして踵に体重がかかり、そのために常に足首に故障を抱えていたが、琴欧州の場合前傾姿勢を保ち前へ出る相撲を心がけていることなどがあげられるだろう。このまま順調に力をつけていけば横綱の座も見えてくるだろう。その際には四股名を先代師匠の琴桜にあやかって「琴桜州」とあらためる構想もあるようだ。
私の一押しの力士は琴光喜なのだが、二代目琴桜の名も用意されているのに、彼が大関に昇進するのはいつになることか…。いつの日か琴桜州と琴桜の優勝決定戦を見てみたい。
[PR]
by neroli_bigarad | 2006-01-24 00:26 | 相撲
祝・栃東優勝
大相撲初場所は大関栃東の優勝で幕を閉じた。
今場所は優勝争いが混戦で見応えがあり、観客の入りも好調だったようだ。琴欧州効果で黒海、露鵬などこのところやや伸び悩んでいた観のある外国出身力士が内容のある相撲をとっていたのが印象的だ。きっとかなり刺激を受けていたのだろう。
横綱朝青龍は12日目に白鵬の小手投げを喰らって右肘を傷めてから(肉離れだったらしい)左手一本の相撲になってしまった。白鵬は初めはあまり内容がよくなかったが、勝星を拾っているうちに調子を上げてきて13勝もしてしまった。来場所は成績次第では大関昇進もありそうだ。
混戦の優勝争いを制したのが、故障続きでこのところ影の薄かった栃東だったのは意外だが嬉しかった。元々幕内きっての技能派力士、今場所は久々に充実した相撲を見せてくれた。普段あまり大言壮語をしない大関がインタヴューに答えて「上を目指して」と語っていたのは頼もしい。来場所の綱取に期待したい。

追記(1月23日):
大関栃東がブログを開設した。より身近なところから応援させてもらえるようだ。これからの栃東にますます注目だ。
[PR]
by neroli_bigarad | 2006-01-22 23:24 | 相撲
芸術とテクノロジー
現在ディジタルデータの記録媒体をして最も普通に用いられているのがCD(Compact Disk)だが、周知のとおり元々は音楽の録音のために開発された規格だった。CDのデータ容量(したがってサイズも)は、指揮者カラヤンの提案によりベートーヴェンの第9(演奏時間およそ70分前後)が一枚に収録できるように定められたという。
CD規格が定められて四半世紀、昨今では次世代DVDの規格をめぐって主導権争いが行われているが、決定的な役割りを果たしているのがハリウッドの映画会社である。すでに私たちの社会生活はディジタル技術に高度に依存するようになっているにも関らず、そこで用いられる規格の決定に音楽や映画など芸術が大きな影響を及ぼしているのは興味深い。一応ウィンテル連合(マイクロソフト&インテル)も渦中に加わってHDDVDを支持しているがあまり本質的ではないようで、実際ブルーレイ方式の優位が確定しつつあるようだ。こんなニュースも伝わってきた。

しかし、件のメーカーが提供するコンテンツを芸術と呼ぶかどうかはともかく、芸術の現在における優位が今後も維持されるかは不透明で、ディジタル技術が私たちの生活により深く浸透すれば、いつかは芸術がテクノロジーに屈服する時が来るかも知れない。サイモン・ラトルや宮崎駿がビル・ゲイツにひざまづく日が来るのだろうか。あまり想像したくない光景だが…。
[PR]
by neroli_bigarad | 2006-01-20 23:31 | 雑感
カズ 選手兼監督補佐に
カズがJ2横浜FCの選手兼監督補佐に就任するそうだ(記事)。世界クラブ選手権出場という勲章を獲得した彼の新たな挑戦に期待したい。消滅した横浜フリューゲルスの復活を期して発足したクラブにさらなる飛躍をもたらすことができるだろうか。
メンバーの中には山口素弘の名も見える。奥寺、カズ、山口、という錚々たる顔ぶれの日本のサッカー文化への思いには、サッカーファンなら胸が熱くなるはずだ。Jリーグ百年構想が描くように、スポーツの未来が明るいものであることを祈りたい。
[PR]
by neroli_bigarad | 2006-01-20 02:13 | サッカー