音楽・スポーツの話題を中心に日々の雑感を綴ります
by neroli_bigarad
プロフィール
9月1日生 乙女座 O型 ♂
好きな食べ物:湯豆腐
趣味:音楽鑑賞、アロマセラピー
元巨人 篠塚選手似のやさ男

HP "Vita Cantabile" を開設したのを機にブログも移転しました。今後はそちらで更新いたします。
カテゴリ
全体
本田美奈子さん
ラフマニノフ
クラシック
音楽
フィギュアスケート
野球
サッカー
相撲
日記
雑感
管理者より
最新のトラックバック
秀逸なBGMのセンス
from Giorni Cantabili
ラフマニノフ ヴォカリ..
from にゃんこままの部屋
音楽がドラマの演出効果を..
from にゃんこままの部屋
キム・ユナ ロシア杯を制..
from 多重債務|多重債務を抱えて一..
母の日ギフト
from 母の日ギフト
お気に入りブログ
The Lark Asc...
ナチュラル&スローライフ
ブログ
ぺんぎんさんのひとりごとダイヤリー
"I LOVE MINAKO HONDA" の管理人 ぺんぎんさん

きまぐれ雑記
水香さんのフィギュアスケートメインのブログです

☆モモのエッセイブログ☆
モモさんがスポーツや芸能などを中心に日々思ったことを書いてます

痛快 エブリデイ クラシック
音楽が大好きなにゃお10さん クラシックを中心に楽しんでいます

ひとりごと。
鳥とフィギュアスケートとフランス音楽がお好きなmakiさん

Dotaの(o^_’b ぐっじょぶ
DVD鑑賞、オーディオ、パソコン、カメラスポーツは見るのは大好き!なDotaさん

にゃんこままの部屋
にゃんこままさんがその時々に感じたことを日記風につづります

OKIBARIYASU!
本田美奈子.ナビ・サイトの管理人 REBIRTHさん
リンク
ほんのちょっとクラシック気分
マーラー、チャイコフスキー、ラフマニノフ好き ぶるうらぐうん さんのクラシック紹介サイト


ForeverMinako 美奈子さん永遠に
私達は本田美奈子さんをいつまでも応援し続けます 素敵な歌をありがとう。

I LOVE MINAKO HONDA
天使になった歌姫 本田美奈子.さんを、いつまでも愛する人へ

Springtime is here ! 本田美奈子.ナビ・サイト
美奈子さん情報サイト リンク集が充実しています

minako channel
本田美奈子 オフィシャルサイト

Columbia Music Entertainment
本田美奈子コロムビアサイト
ブログパーツ
ライフログ
検索
以前の記事
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


荒川静香さん 近況
荒川静香さんは昨日アメリカへ向けて出発し、その際来シーズンのグランプリシリーズに出場しないことを表明した。昨日伝えられたニュースではアマチュアの競技会自体から退くようなニュアンスだったが、全日本選手権や東京開催の世界選手権への参加には含みを残したらしい。ショーに参加しながらアマチュアを継続することは可能なので、現時点で結論を出す必要はないのだろう。いずれにしてもファンとしては「今スケートが楽しくて仕方がない」と話す荒川さんが、自身にとって最も望ましい形でスケーターとして活動できるよう選択するのを見守るしかない。

そして怪我のため欠場するランビエールの代替として11日開催のマーシャルズ・ショーケースへの出場が急遽決まったようだ。このアイスショーに出場する顔ぶれがまた豪華で、アメリカのスケートファンが羨ましい限りだ。世界選手権を欠場したオリンピックのメダリストたちが勢ぞろいで、こんなことでいいのかなという思いもなくはないが。


シーズンが終わって虚脱感がどうのこうのといいながら、結局スケートネタで更新している自分に苦笑してしまう。
なお、記事を書くにあたってはしーちゃんパラダイスに寄せられた情報を参考にさせていただいた。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-04-07 23:06 | フィギュアスケート
荒川さん 続報
「KTVダイアモンドアイス」で荒川さんが中庭選手と衝突し転倒したことは昨日のエントリーでも取り上げたが、今日になっても大きな怪我という情報は伝わって来ないので、それほど大事には至らなかったものと思われる。
日刊スポーツもこのことを伝えているのだが、どういうわけか衝突した相手が中野友加里さんということになっている。大手新聞社による報道ではあるが、実際に観賞された方がそろって「中庭選手」と証言しているので、そちらの方を信用したい。

生で観賞された方の感想(追加):
makiさんの「ひとりごと。
FSNさんの「フィギュアスケートニュース」(都築奈加子さん引退太田由希奈さん復帰についても報告されている)

追記:
今夜荒川さんは小泉首相とオペラ「トゥーランドット」を観賞されたという。記事では特に怪我のことにはふれられていないので、大丈夫なのだろう。
日刊スポーツは衝突した相手を「他選手」と訂正。やはり中庭選手が正しいのだろう。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-04-03 19:03 | フィギュアスケート
「KTVダイアモンドアイス」 荒川さんが怪我?
今日(2日)は大阪でアイスショー「KTVダイアモンドアイス」が行われたのだが、荒川静香さんのファンサイト「しーちゃんパラダイス」のBBSでは荒川さんが中庭選手と衝突して怪我をしたらしい、との情報が流れた。ネット上の情報を鵜呑みにして拡散させることには慎重でなければならないが、「中庭選手と衝突して転倒した」というのは確かなようだ。生で観賞された美輪@brownycatさんが感想を記しておられるのでコメントしてお尋ねしたところ、答えて下さった。ただ怪我をしたのかどうかについては現時点でわからない。大事に至らないことを祈りたい。

うれしいのは太田由希奈さんがひさしぶりに演技を披露してくれたこと。一時は引退も考えたとのことだが、復帰に向けて前向きなようだ。これで来シーズンが楽しみになる。

関西地方ではTVで放映されるそうだが、関東ではないのだろうか。ぜひ太田さんの演技が見たいのだけど。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-04-03 01:37 | フィギュアスケート
「レ・ミゼラブル」特別チャリティー公演
本田美奈子さんを追悼するミュージカル「レ・ミゼラブル」の特別チャリティー公演が1日、東京・日比谷の日生劇場で開かれた。美奈子さんの名演を収めた映像が上映されると、すすり泣きが起きていたという。

私はミュージカルにほとんど興味がなくて、美奈子さんがミュージカルの舞台を中心に活動している間は事実上私の視界から消えていたも同然だった。彼女が一番輝いている瞬間を見逃してしまったわけだ。このことへの悔いは生涯消えることはないだろう。
クラシックでもオペラの分野にはあまり興味がなく、最近になって荒川さんのお蔭もあってようやくプッチーニの素晴らしさに気がつき始めているところだ。もっと舞台芸術について目を見開いていなければという思いを強くしている。


関連記事:
中日劇場公演をご覧になったあやかさんの観劇記
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-04-02 17:15 | 本田美奈子さん
キャンデローロが発言の真意を釈明
フランス公共TVがキャンデローロの発言について在仏日本大使館に謝罪したことはこのブログでもとりあげたが、キャンデローロ本人が自身の発言について真意を釈明した

彼の説明によると、「日本の心の象徴ともいえるコメが(演技の)褒美として価値あるものと考え」、賛辞のつもりで発言したという。私は以前にもこの「謝罪」についてTV局の過剰反応ではないかと指摘したが、やはり彼にははじめから悪意はなかったようだ。キャンデローロはNHK杯などで何度も来日して日本のファンも多く、日本開催の長野オリンピックでは銅メダルを獲得しており、日本のスケート関係者やスケートファンに悪い感情を抱いているはずがないので、そうだろうと思っていた。食習慣に絡めた表現をすることで親日家ぶりをアピールしようと思ったのが、TV局に曲解されてしまったというところなのだろう。
いろいろと事情があって神経過敏にならざるを得ないのはわかるけど、それにしても今回のTV局の「謝罪」は不粋なはからいだったと思う。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-04-01 22:40 | フィギュアスケート
今日が誕生日の人
今日はジャイアンツの桑田真澄投手、フィギュアスケーターの八木沼純子さん、カナダの若手ペア、マルクー・ブンタン組の女性、ヴァレリー・マルクーさんの誕生日。私の知らないそのほかの方も含めて今日が誕生日のみなさん、おめでとうございます。

セルゲイ・ヴァシーリエヴィチ・ラフマニノフは1873年4月1日(ロシア歴3月20日)、父ヴァシーリィ・アルカーディエヴィチと母リュボーフィ・ペトローヴナの間に第三子としてこの世に生を享けた。彼の出生地は従来ノヴゴロド州のオネグとされてきたが、最近の研究では同州スタロルースキィ地方のセミョーノヴォで生まれ、間もなくオネグに移ったとの説が有力である。
ラフマニノフ家は元々は大地主貴族だったが、作曲家セルゲイが生まれた頃にはすでにかなり没落していたらしい。彼が幼いうちに一家は破産し、両親はそれが元で別居するに至った。貴族の子弟が通う学校へは費用を負担できず、その代わりに彼は音楽の才能を活かして奨学金を得てペテルブルク音楽院の幼年クラスに通うようになった。
一家の没落も彼にとっては悪いことばかりではなく、もしそれがなければ軍人になっていて、せっかくの音楽の才能も活かされることがなかったかも知れない。それを思うと人の運命の不思議さを感じずにはいられない。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-04-01 19:39 | ラフマニノフ
本田美奈子さん アルバム「I LOVE YOU」
3月29日、本田美奈子さんのアルバム「I LOVE YOU」がリリースされた。


I LOVE YOU/本田美奈子.

01. 風のうた(TVアニメ「HUNTER × HUNTER」EDテーマ)
02. ナージャ!!(TVアニメ「明日のナージャ」OPテーマ)
03. 愛の砂漠(PS2ソフト「DOG OF BAY」挿入歌)
04. 晴れた空お天気(「HUNTER × HUNTER」カップリング)
05. 星空(PS2ソフト「DOG OF BAY」主題歌)
06. Honey
07. Shining eyes
08. etoile〜星〜(「明日のナージャ」カップリング)
09. I LOVE YOU(故・尾崎豊のカヴァー)
10. Impressions
11. 一瞬/永遠

発売日 2006年3月29日
税込価格 価格:¥3,150(税込)
発売元 マーベラスエンターテイメント
販売元 ジェネオンエンタテインメント
品番 MJCD-20054


昨日(30日)には入手できていたのだけど、ちょっと慌ただしくしていて、先程やっと落ち着いて聴くことができた。胸が一杯で感想とかはうまく書けないのだけど、まだ入手できていない人や買おうかどうしようか迷っている人のために少しだけ解説。
曲目を見てまず目をひく"朝霞コラボレーション"の「I LOVE YOU」は、ボサノヴァ風の伴奏にのせて美奈子さんが耳もとでささやくようなインティメートな歌唱を披露している。オリジナルの聴く人の心につきささるような切迫した調子はなく、そよかぜのように心の中を吹き抜けていくような、そんな「I LOVE YOU」である。
「Impressions」は"スキャット:本田美奈子"とクレディットされているのだけど、美奈子さんはずっと「uuu...」と母音だけで歌っているのでスキャットというよりヴォカリーズといった方がいいように思う。こちらは哀切なメロディーがそくそくと胸に迫るような歌いぶり。出だしはラフマニノフ「ヴォカリーズ」かグリーグ「ソルヴェイグの歌」のような調子で始まり、サビの部分は短調ながらやや「パッヘルベルのカノン」を思わせる。美奈子さんの高音域の美しさが活かされた名曲だと思う。

このCDの売上げの一部は"LIVE FOR LIFE"を通し、白血病患者の方々の支援や白血病研究機関の活動に役立てられるという。


関連記事:
80年代アイドルポップスが大好きなYOUさんによる紹介
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-04-01 00:50 | 本田美奈子さん
白鵬 大関に昇進
大相撲春場所で13勝2敗の成績をあげた関脇白鵬の大関昇進が正式に決まった
伝達式での口上は5通りの候補を考えていたというが、「全身全霊をかけて努力します」と滑らかに語った。今後の活躍がますます楽しみな若い大関の誕生である。

彼は若手力士とは思えないほどの落ち着き払った取り口が特徴だが、それを支えているのが本田美奈子さんの歌声だという。しっとりした曲調を好む彼は、ファンからプレゼントされたアルバム「アメイジンググレイス」を聴くのを日課にしているほか、夏川りみさん、松山千春さんの歌をよく聴いているという。
同郷の先輩、横綱朝青龍が闘志をむき出しにするのに対し、白鵬には不気味な静けさのようなものを感じていたのだが、こうした音楽的嗜好を知ると親しみがわいて、彼のことが少し理解できたような気がする。これからも美奈子さんの歌からもらった力を糧に、横綱へ向けて精進して欲しい。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-03-29 19:48 | 相撲
63年前の今日
今日はセルゲイ・ヴァシーリエヴィチ・ラフマニノフの命日。ラフマニノフは1943年3月28日、70歳の誕生日を目前にしてカルフォルニア州ビヴァリーヒルズの自宅でその生涯を閉じた。

こんなエピソードが伝えられている。
死の床についていたラフマニノフはしみじみと自らの手を眺めながらこうつぶやいたという。「可哀想な私の手…。もうお別れだ!」
ヨーゼフ・ホフマンが「一年間貸して欲しい」と羨んだという大きな手で、ピアノを激しく、哀切に歌わせてきた稀代のヴィルトゥオーゾに相応しい言葉だと思う。


関連記事:
天賦の才と先天性疾患
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-03-28 20:03 | ラフマニノフ
世界選手権 エキシビション
中野さんの「Amazing grace」はやはり見惚れてしまう。これまでの彼女の持ち味とは違った面をアピールできているのは、エキシビションとはいえ今後の競技会での点数の出方にもいい影響をおよぼしてくると思う。ここでもイナ・バウアーを披露していたが、背中の反らせ具合もなかなかだった。あれは明らかに荒川さんを意識したポジションだろう。

織田選手は今シーズンずっと滑っていたパジャマ姿の「Rooster」ではなく、お星様一杯の衣装での「スーパーマリオ」。シニアの大会では初披露ということになるのだろうか。彼はこの演技のために実際にゲームをしてみて振付けを研究したという。その成果が表れたコミカルな演技は世界のフィギュアファンの目に焼き付いただろう。彼は役に成り切るのがうまいスケーターだとあらためて思った。

井上・ボールドウィンはオリンピックの時と同じプログラム。楽しそうに滑っていたが、個人的にはSPの「アルビノーニのアダージョ」のようなしっとりした演技が見たかったと思う。

ソコロワさんは試合の時とは違って演技の最中から笑顔満開。この人の笑顔を見ているだけでフィギュアスケートのファンをやっていてよかったな、という気にさせられる。

今回最も充実したプログラムを見せてくれたのがドロビアツコ・ヴァナガス。「パイレーツ・オヴ・カリビアン」にのせてサーベルを用いた格闘シーンあり、ラヴシーンありの迫力満点の演技で魅了してくれた。場内も熱烈なスタンディング・オヴェイションで応えていた。競技会でもこんな演技が見られたらいいのに、と思った。

サーシャはいつもながらのかわいらしさ。悔しい思いはあるだろうが演技ではそれを感じさせずに滑っていた。今度こそは世界チャンピオンとしてエキシビションに臨んで欲しい。

ライザチェクはオリンピックの時とは違い、「Time to say good-bye」で演技。2年連続の表彰台、オリンピックと続けてのフリーでの大逆転をやってのけて、演技にも風格が出てきている、といったら贔屓目に過ぎるだろうか。大柄な体格と、ゆったりとしながらも行進曲を思わせる力強いメロディーとがマッチした、印象的なエキシビションだったと思う。

村主さんはいつものボールを使った「キダム」の演技。今回はルッツやフリップも難なく決めていた。「女優」魂を感じさせる村主さんらしいプログラムだった。

マイスナーのエキシビションナンバーは「虹の彼方に」。この曲は日本のファンには浅田真央さんを思い出させるだろう、とアナウンサーが告げたが、私はその前に伊藤みどりさんを思い出してしまう。レインコートを着て「雨に唄えば」を踊った後、コートを脱ぐと虹を描いた衣装でこの曲を踊った姿は今も目に焼き付いている。
マイスナーに話を戻すとこの人はルッツの助走の時後ろを振り向くのがおもしろい。何か落ちてないか確認しているのだろうか。

ランビエールはジーンズ姿でロック調の曲にのせて演技。こういうのが一番彼に合っているような気がした。デニム生地では動きにくいと思うので、似せて作った特殊な生地なのだろうか。アンコールではこの衣装で「四季」を滑ってしまうあたりが彼らしいところなのだろうか。私には少し音楽的感性が欠けているように見えて不満なのだが。

最後に登場したデンコワ・スタヴィスキのプログラムが何と「You're beautiful」。この曲は今シーズンランビエールがずっと使っていたものなのだが、彼らも前からこの曲だったのだろうか。偶然かぶってしまったのでランビエールが譲って違うものに変えたのだろうか。「?」だらけなのだがアナウンサーからは何の説明もなかった。普段は余計なことまでしゃべっているのに肝腎な時に何の情報も伝えてくれないというのは困ったものだ。

印象に残ったものだけ順不同で書いているので、一部省略してしまった選手達もいるけどご容赦を。
[PR]
# by neroli_bigarad | 2006-03-27 23:56 | フィギュアスケート